HOME > ゲーム > その他 > Nintendo Switch で気になったこと8点

RSS 購読

nJOY BLOG

ゲーム攻略サイト「nJOY(エンジョイ)」管理人のブログ

2016Oct22

Nintendo Switch で気になったこと8点


Nintendo Switch やっと正式発表された任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch(以降、NS)」。
たった3分半の短い映像で、詳しい仕様等は後日発表されるとのことですが、3分半の短い映像を見て気になったことを8点つらつらと書いてみたいと思います。

1. NS の 大きさ

NS 本体、ぱっと見には WiiU GamePad とさほど変わらなさそうですが、どうでしょうか?
6.2インチの液晶画面を搭載する WiiU GamePad に比べ、液晶が占める割合が大きい NS の液晶サイズは7インチ程度かな。

2. 本体の液晶はタッチスクリーン?

携帯機としても使える NS 本体はタブレット端末のようですが、映像の中では画面をタッチして操作するというシーンは一度もありませんでした。
普通に考えればタブレット端末がタッチ非対応とは考えにくいので、今回の映像ではタッチ操作にはあえて触れなかったのかもしれません。

もしタッチ対応であれば、今回の映像にはなかった遊び方ができる可能性もあり、期待が膨らみます。

3. バッテリー持続時間はどれくらい?

携帯ゲーム機として遊ぶとなれば気になるのは、バッテリーがどれくらい持つかですよね。

参考:最近のゲーム機のバッテリー持続時間

  • New 3DS - 3時間半~6時間(容量: 1400mAh)
  • New 3DS LL - 3時間半~7時間(容量: 1750mAh)
  • WiiU GamePad - 3時間~5時間(容量: 1500mAh)
  • PS Vita(2世代目) - 4~6時間(容量: 2200mAh)

携帯ゲーム機としては4~5時間が普通なので、NS もこれくらいはいくのではないでしょうか。

4. NS ドックの機能は?

据え置き型ゲーム機として使う場合は「Nintendo Switch ドック」と呼ばれるドッキングステーションに本体を置く必要があります。
ドックの機能としては以下の3点は当然あることが予想されます。

  • HDMI ケーブルによるゲーム画面のテレビ等への外部出力
  • 本体への電力供給
  • 本体の充電

さらにドック自体にも GPU が内蔵されていて、据え置き型ゲーム機として使う際にはさらにパワーアップするのではないかと噂されています。

5. 本体とジョイコンの充電方法

ドックに置くことで本体は充電できるのはいいとして、他にも充電ケーブルの接続端子もあるでしょう。
3DS や WiiU GamePad はそれぞれ特殊な形状の端子でしたが、できれば汎用的な規格(例えばスマホで標準の Micro USB や今後を見据えて USB Type-C)だといいですね。ケーブル1本でスマホとNS をモバイルバッテリーで充電できてユーザーとしては嬉しい限り。

映像で見ても分かる通り、ジョイコンは無線タイプなので、左右両方とも充電池が必要なのは明白。でもジョイコンはどうやって充電するのでしょう?
1つ考えられるのは、本体の左右にジョイコンとの接触端子があって、合体時に電力を供給すること。合体した状態でドックに置いておくと、本体と同時にジョイコンも充電されるとか。
またジョイコングリップも、左右のジョイコンを1つにまとめる単純な機能以外にも、充電にもつかえそうです。

6. ジョイコンの機能

とても小さなジョイコンですが、振動やモーションコントロールなどの付加機能があるかどうかも気になります。
バッテリーの持続時間、重さ、大きさ、そして最終的には価格にも関わる部分なのであまり期待しない方がいいかもしれません。

7. 3DS の今後

一応 NS は WiiU の後継機として位置づけられていますが、携帯ゲーム機としての一面も持ち合わせています。
そうすると気になるのは、携帯ゲーム機 3DS の将来。3DS は「2画面+立体視+持ち運びやすさ」という NS にはないアドバンテージがあります。今後もその路線を継承して。ゲームソフトの提供、ひいては後継機の開発も続けていくのでしょうか?それとも NS 一本に収束していくのか?
任天堂がどういう判断をするのか注目したいです。

8. NS の価格

最後になりますが、やはり一番の関心事はずばり NS の価格。
ライバル機である PS4 500GB が29,980円(税別)。日本では売れていないけれど、世界的には無視できない Xbox One 500GB は今年中ならキャンペーン価格で22,759円(税別)。

先行している PS4 や XB1 に対抗するには任天堂としても同価格帯で攻めたいでしょうが、本体だけでも高性能タブレット端末くらいしそうですし、それにジョイコンやドックが付くとなると、値が張りそうです。
ドック同梱のフルセットとドックなしで値段を抑えたベーシックセットの二段構えという手もありますが、そうすると据え置きと携帯の「スイッチ」のコンセプトが曖昧になるし、なかなかむずかしいところでしょうか。

関連記事

コメント

コメントはありません

コメントする(半角1000文字まで)

Cookieに登録

この記事のトラックバックURL

※ 言及のないトラックバックは拒否される事があります(トラックバック・ポリシー

トラックバック

トラックバックはありません


最新記事

人気記事

月別アーカイブ

コメント

カテゴリー

リンク

発売スケジュール

2017/04/28

マリオカート8 デラックス(Amazon特典「オリジナルポストカード10種セット」付)

2017/05/11

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド パーフェクトガイド

2017/05/25

UDF リンク「ムジュラの仮面3D」

2017/05/26

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 第3巻

2017/05/31

figma リンク トワイライトプリンセス ver. DX エディション

2017/06/01

聖剣伝説 コレクション

2017/06/16

ARMS(Amazon限定「オリジナルステッカー」付き)

2017/06/22

amiibo リンク(ムジュラの仮面)

2017/06/30

ねんどろいど リンク ブレスオブザワイルド Ver. DXエディション

2017/07/13

Hey! ピクミン

2017/07/21
2017/07/29

ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて

2017/08/03

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-

バイオハザード7 イーカプコンバナー