物語(SFC版)

古のアレフガルド。
伝説の勇者ロトは、神より授かりし光の玉をもって闇の魔王を倒し、永き平和をこの地にもたらしました。

時は移ってラルス16世の治世。
いずこよりか現れた悪魔の化身・竜王が、光の玉を奪い、この地を闇に閉ざしてしまったのです。
魔物たちの封印は解かれ、世は再び邪悪と混迷へと向かいました。
その後、多くの男達が竜王に戦いを挑みましたが、いずれも悲惨な結果を迎えるばかり…。

そんなある時、ひとりの予言者は言いました。
「やがてこの地に、ロトの血を引く者が現れる。その者こそが竜王を滅ぼすであろう」と。
そして数年の後、予言の通りその若者は現れたのです。

そう、それがあなたなのです。

物語(モバイル版)

〜かつて、アレフガルドの地に、魔王と呼ばれる暗き闇あり。天上より降りし勇者ロト、神から授かりし光の玉を用いて闇を討ち、永き平安をもたらす〜

時は流れ、ラルス16世の時代。突如として現れた竜王によって光の玉は奪われ、世界は再び闇に閉ざされてしまう。
成す術もなきラルス王の前に預言者が現れ、こう言った。
「まもなく、この地にロトの血を引くものが現れる。竜王を討ち滅ぼす、新しき勇者として」

それから数年・・・ひとりの若者がラダトームの城を訪ねるところから物語は始まる…。

物語(FC版)

古しえの地、ここアレフがルドの地は闇に包まれていました。
しかし、伝説の勇者ロトが、闇の支配者であった魔王を倒し、神から授かった光の玉で魔物たちを封じこめたので、この地に平和が訪れたといいます。
光の玉は、アレフガルドを統治していたラルス1世の手に渡り、長い間、平和が続きました。

しかし、ラルス16世の頃、どこからともなく出現した魔の権化・竜王が、城から光の玉を奪い、闇に閉ざしてしまったのです。
そのため、世界は調和を失い、再び闇の時代がやってきました。
地には魔物たちがあふれ、いく人もの旅人たちが、その毒牙にかかりました。かつて旅人たちの目を楽しませた美しい野原も、毒の沼に姿をかえ、人々のゆく手をはばみます。
うわさでは、いくつもの町や村が、魔物たちにより、あとかたもなく滅ぼされたそうです。

アレフガルドの地に再び平和を!
しかし、竜王に戦いを挑んだ勇者たちは、誰ひとりとして生きて帰ってきませんでした。

それから何年が過ぎたでしょうか。
偉大なる予言者ムツヘタは、いいました。
「やがて、この地のどこかに、伝説の勇者ロトの血をひく者が現われる。その者が、竜王を滅ぼすであろう」と。
そう、伝説の勇者ロトの血を引く者、それが、あなたです。

この地に残る、勇者たちの数々の伝説を拾い集めながら、見事、竜王を倒してください。
あなたの冒険は、今、はじまったのです。