表1

場所増加分HP/STR/DEF
HPSTRDEF
ゲーム開始時---8/1/0
エドワード城地下21210/2/2
ラライのガケ33313/5/5
◆フリージア1--14/5/5
ダイヤモンド鉱山32217/7/7
空中庭園32320/9/10
ムー大陸22222/11/12
堕天使の町地下22224/13/14
万里の長城31227/14/16
◆サンドファンガー-1-27/15/16
◆エウロ11-28/16/16
山の聖域33331/19/19
アンコールワット64537/23/24
ピラミッド25739/28/31
◆ファーロス-1-39/29/31
◆ジェム11140/30/32

表2

場所増加分HP/STR/DEF
HPSTRDEF
ボス
ラヴァーボディ54513/5/5
ハイウインド64519/9/10
吸血鬼夫婦22221/11/12
サンドファンガー54426/15/16
ファーロス11131537/28/31
例外
フリージア1--38/28/31
エウロ11-39/29/31
ジェム11140/30/32

解説

表1

表2はそれぞれの場所で、どれだけ能力値が上がるかということです。
例えばピラミッドの敵をすべて全滅させると、HP2 STR5 DEF7上がります。逆に言うと、ピラミッドには14箇所敵を全滅させるところがあるともいえます。
ほかの場所もこれに準じますが、例外はフリージア、エウロ、ジェム、サンドファンガー、ファーロス。 詳しくは次項。

表2

表2は雑魚を全く全滅させることなしに、ボスを倒したときに上がる能力値。および例外。
これには法則があり、前のボスから今のボスを倒すまでの間の遺跡で雑魚を全て倒した時に上がる値に満たない部分だけ上がります。

  • サンドファンガーとファーロスはそれとは別にSTRが1あがります。
  • エドワード+ラライ=ラヴァーボディ
  • 鉱山+庭園=ハイウインド
  • ムー=吸血鬼夫婦
  • 堕天使+万里+1=サンドファンガー
  • 聖域+アンコールワット+ピラミッド+1=ファーロス

例:エドワード城地下、ラライのガケの雑魚を全て全滅した時の能力値は13/5/5
その状態でラヴァーボディを倒しても能力値は何一つ上がらない。
しかし、雑魚を倒さずに来た場合、撃破時にそれぞれ5/4/5上がる。

結論

もっと分かりやすく言いましょう。
雑魚を倒そうが倒すまいが、ボスを倒したら同じ能力値になるということです。
極論すれば、『雑魚を全滅させる意義など存在しない!』ということです。
このシステムのお陰でどんなプレイをしようが、最後まで行けば能力値は 37/28/31 を下回ることは決してないということです。 足りない分(3/2/1)は表の下のほうにある例外です。 それさえ取れば後は何をしようと 40/30/32 になります。 エウロはいつでも戻れるので、フリージアでしっかり取っておいて赤い宝石を集めていれば、最高値に達します。

「じゃあ例外だけ取っといて雑魚は無視だー!」
正しいです。理論的には…。しかしよく考えてください。 ファーロスを倒せば「11/12(+1)/15」上がるということは、逆に言うと「11/12/15」少ない状態で戦うということです。
けっこう死ねます。ずぼらもほどほどに。

例外について

フリージアエウロをよく探しましょう。