ストーリー

その昔、国は栄え、人々は喜びと活気にあふれ、幸せな日々を送っていた

それは、古来よりこの国に奉げられる三種の神器“赤の恵夢帽子”“金の破魔星”“退魔の大槌”の守護と人々は口々にささめき、あがめていた

しかしあるとき、闇の「異形(いぎょう)」たちにより、三種の神器がいずこかへ持ち去られてしまう
世は乱れ、飢えや病気に苦しむ人々であふれかえった

時の帝は都をうつしたが、人々から笑顔や優しさが失われ、国は衰退の一途をたどった

奪われた三種の神器が、廃都の地下深くへ続く「魔楼閣(まろうかく)」に隠されていることを突き止めた帝は、これらを取り返すべく何人もの手練を廃都へと送り込む

しかし誰一人として戻ることはなかった

やがて、帝はある一人の若者へと白羽の矢を立てる
彼の名は、蔵部景品(くらべかげしな)
後世、人々は彼をこう呼ぶこととなる ―――「任天童子」

【公式サイトより抜粋】