召喚の扉とは

召喚の扉とは3種類あるラナの武器一つで、炎属性を有しています。

異世界から魔物を呼び出す魔導具
特殊攻撃で呼び出した魔物の力をチャージ
一定時間チャージした魔物と同じ魔物を使う強攻撃が強化される

基本攻撃力と入手場所

Lv武器名基本攻撃力入手場所・条件
3DSWiiU
Lv1時の扉80冒険・I1】 S報酬冒険・P3】 報酬
Lv2監視者の扉150大海原・D1】 S報酬冒険・D2】 S報酬
Lv3転生の扉280裏・P4】 S報酬冒険・P1】 S報酬
Lv4コンパス280-タルミナ・P4】 S報酬
Lv4裏転生の扉500タルミナ・P4】 S報酬-
Lv4+水転生の扉500コホリント・N2】 S報酬-

コマンド

召喚の扉 操作方法

バッジ

召喚の扉のすべてのコマンドを使えるようにするには、以下の攻撃バッジを作成する必要があります。

バッジ効果必要素材値段
大妖精の剣1召喚の扉の強攻撃が追加される
YXX
魔物の歯 x1100
大妖精の剣2召喚の扉の強攻撃が追加される
YYXX
ゴロン隊長の胸当て x1
魔物の歯 x1
500
大妖精の剣3召喚の扉の強攻撃が追加される
YYYXX
リザルフォスのウロコ x1
魔物の歯 x1
1000
大妖精の剣4召喚の扉の強攻撃が追加される
YYYYX
サラマンダイルの炎革 x1
魔物の歯 x1
3000

召喚の扉の攻撃方法

攻撃コマンド説明
必殺A召喚された巨大コッコが前方に走り去る
特殊Xランダムな魔物を召喚する
召喚した魔物の力が10秒間チャージされる
強2YX召喚されたキングドドンゴがその場で地面を叩く(周囲に衝撃波)
+X : キングドドンゴが前方に転がっていく
強3YYX召喚されたテスチタートの触手がクネクネ揺れる
+X : テスチタートの触手が上に向かって種を吐く(4回)
強4YYYX激しく回転しながらゴーマが現れる
+X : ゴーマが前方にジャンプ
強5YYYYX召喚されたナルドブレアが火を吹きながら前方に飛んでいく
弱5YYYYY地面の召喚の扉から勢いよく飛び出す

召喚の扉を使った戦い方

特徴

ミニサイズの巨大魔獣(キングドドンゴ/テスチタート/ゴーマ/ナルドブレア)を召喚し、それらに敵を攻撃させることができます。
ランダム性のある特殊攻撃と組み合わせることで、魔物の力を強化でき、さらに強力な攻撃も期待できます。
自由自在に任意の魔物を呼び出せるようになるのが最良ですが、強5攻撃のナルドブレアを召喚するだけでも十分強力です。

召喚前後に隙ができるので、その点にだけは注意しましょう。

特殊攻撃

特殊攻撃(X)を行うと、4種類の魔物をランダムで召喚します。

召喚される魔物攻撃
キングドドンゴ前方にファイアブレス
テスチタートの触手周囲に毒をまき散らす
ゴーマ水平方向にビーム攻撃
ナルドブレア360度周囲に火を吹く

召喚後、10秒間その魔物の力がチャージされ、強攻撃が強化されます(後述)。
チャージ中は必殺技ゲージの下に魔物アイコンが表示され、ラナが赤い光をまといます。

強化

チャージされた魔物と同じ魔物を使う強攻撃が強化されます。

攻撃コマンド説明
強2YX+X : 2体のキングドドンゴが現れ、クロスする形で火の弾を撃つ
強3YYX+X : 2本の触手がクネクネ揺れた後、前方に向かって種を勢いよく連射
強4YYYX+X : 2体のゴーマが現れ、ビーム攻撃をした後、大爆発を起こす光弾を撃つ
強5YYYYX火を吹きながら飛ぶナルドブレアを操縦できる
+X : 大爆発を起こす火球を撃ち、ナルドブレアから降りる

戦い方のヒント

召喚の扉はクセが強いものの、ウィークポイントスマッシュ(以降「WPS」)に頼らずに戦えるなど、使いこなせば強力な武器となります。

  • 特殊攻撃直後に回避すると隙を減らせる。
  • 強化強3でテスタチートが2体出た直後に必殺技 - 必殺技使用中は相手のガードが外れるため、タネマシンガン(?)が全弾ヒットし大ダメージを与えられる。ダメージ量は一般的なキャラの WPS 一発分くらいになる。
  • 強化強3で雑魚を殲滅すると、異常なくらい多く必殺ゲージを溜められる。元々、召喚の扉は必殺ゲージ回収率がいいが、覚えておいて損はない。
  • 召喚の扉のWPSの威力は異様に低いため、WPSを狙う戦法はお勧めしない。
  • 敵との適切な間合いをつかむことが重要。召喚の扉は隙が大きく、また、遠方の敵を攻撃するのに適した攻撃が多いため、適切な間合いをつかみたい。
  • 被弾しそうになったら無理せず必殺技を使うこと。召喚の扉の必殺ゲージは異常なくらい貯まりやすいので、ガンガン使っても全然問題ありません。召喚の扉は弱攻撃でさえモーションが長く、そのため被弾しそうになったときに、必殺技を使わず回避で間に合わせようとすると結構な確率で被弾します。
  • ギブドやフレイムギブドを倒すときは、遠方から強化強5で奇襲をかける戦法を徹底するのが無難。彼らは怯みにくい上に金縛りの範囲が広いため、強化強3などで至近距離から攻撃しようとすると、大抵攻撃の途中で金縛りで止められて、攻撃が無駄に終わります。

大型の巨大魔獣ウィークポイントゲージ(以降「WPG」)の削り方

一番安定するやり方は「強3攻撃(強化無し) → 必殺( → 必殺)」です。
具体的には、強3攻撃(強化無し)で召喚したテスチタートがタネを吐き出した瞬間に必殺技を使いましょう。
※ ただし、あまり大きくない巨大魔獣に対しては、強3のテスチタートの根元に当たる部分に巨大魔獣の体が重なるように強3を行うと、出現するテスチタートの位置が横にそれてしまいがちです。巨大魔獣から少し離れた場所から強3攻撃を行うか、下記の「あまり大きくない巨大魔獣の WPG の削り方」を試しましょう。

多くの場合必殺技を1回使えば巨大魔獣のウィークポイントゲージゲージを削りきることができます。しかし、ナルドブレア相手にはしばしば削りきれないことがあります。そのため、ナルドブレアに関してはもう1回必殺技を使いましょう。
また、ゲージを削りきったことを確認したら、後ろに向かって回避連打してウィークポイントスマッシュの発動するサークルから出て追撃することを忘れずに。

なお、追撃に関しては強化強4も効果的です。強化強4は強化強3に比べてスキが少ないこと、強化強5の圧倒的な破壊力を考えると、追撃は強化強4と強化強5のみで行った方がいいでしょう。

あまり大きくない巨大魔獣の WPG の削り方

上記の方法だとあまり大きくない巨大魔獣(ファントムガノン・ジークロック・テスチタート)の WPG が削りにくいですが、次の方法だと楽に削れます。

  1. 巨大魔獣に密着する。
  2. 特殊攻撃(X)を出す - もしキングドドンゴが召喚された場合、再度特殊攻撃を行う。
  3. 必殺技を出す。
  4. 特殊攻撃を出す - もしキングドドンゴが召喚された場合、再度特殊攻撃を行う。
  5. ウィークポイントスマッシュの発生するサークル外へ移動する。

※ 1回目の特殊攻撃でゴーマが召喚された場合、手順4でキングドドンゴが出てもゲージを削りきれます。

上級者向けおすすめコンボ:強化強4+必殺技

やり方は強化強4攻撃を発動し、敵がゴーマビームの爆発に当てられる距離(中央に召喚するゴーマの鼻先あたり)まで敵が来たところで必殺技を発動。成功すればゴーマビームの爆発を当てられます。慣れれば強化強3より当てやすいです。

威力や必殺ゲージ回収効率は強化強3ほどの爆発力はないものの、そこそこの威力と回収効率であり十分実用レベルです。また、発動が強化強3より早いという利点もあります。言うなれば簡易テスチタートといったところです。

さらに、「強化強3+必殺技」も同様ですが、このコンボでダウンしてない巨大魔獣に普通にダメージを与えられます。強化強4は遠距離攻撃であるため、ダウンしてない巨大魔獣に関しては強化強4の方がいいでしょう。

戦い方指南

殲滅力が非常に高い代わりに隙が大きく、運も絡む武器です。

砦制圧、隊長は特殊で強化した強攻撃がベスト。どの強攻撃がどの魔獣か覚えておけば確実に活用できます。

巨大魔獣は必殺技2回が確実です。

必殺技ゲージはあっという間に溜まるので攻撃手段としてだけでなく、回避代わりにも心置きなく使えます。
また強化強3の発動中は完全無敵なので、これも緊急時のその場しのぎぐらいには使えます。

特殊は完全ランダムで運任せなので。連発してナルドブレアを出すのもアリです。攻撃加速スキルと合わせると恐ろしい破壊力を出せます。