はじめに

省エネ攻略”と題して各ダンジョンの攻略動画を YouTube で公開しています。
攻略ポリシーとしては:

  • クリアに不要なお宝は取らない。
  • 入らなくてもいい部屋には入らない。
  • なるべく素早くボスを倒す。

厳密に最速記録を狙ってプレイしているわけではありませんが、皆さんがタイムアタックする際の参考になるかと思います。

省エネ攻略

各ダンジョンの動画、及び記録は以下の通りです。

ダンジョン部屋小さなカギタイム
テールのほらあな21/253/34:30
ツボのどうくつ23/263/56:16
服のダンジョン21/223/34:39
カギの穴ぐら23/295/95:48
アングラーの滝ツボ28/285/57:33
ナマズの大口29/342/39:11
顔の神殿36/403/39:54
オオワシの塔34/421/37:15
カメイワ22/464/78:14

表の見方

  • 部屋 - 入った部屋の数 / 部屋の総数。フロアは 8x8 マスに区切られていて、1マス = 1部屋としてカウント。複数のマスにまたがる部屋の場合でも、部屋の数はマス目が基準。
  • 小さなカギ - 入手した小さなカギの数 / 小さなカギの総数。
  • タイム - ダンジョンに入ってからボス撃破までの時間。

テクニック

セーブデータをロードして、入口に戻る

ダンジョン内でセーブされたデータをロードすると、ダンジョンの入口から再開するという仕様を利用すると、一瞬で入口に戻れます。
ダンジョン内のあっちこっちを行き来しなければいけなくて、今いる場所から徒歩で行くよりも入口からの方が近い場合は、このテクニックを駆使すると大幅な時間短縮になります。

鍵を入手するなどのイベント発生後に行われるオートセーブのデータをロードするようにすれば、データをセーブする手間すら省けるので、手軽かつ便利です。

「マンボウのマンボ」習得後でも、「メニューを開く→オカリナをセット→メニューを閉じる→オカリナを吹く」という手順を踏むよりも時間がかからないので、最後まで活躍します。

アイテム

弓矢

道具屋にて980ルピーで売られる「弓矢」は「コホリントの剣(Lv2 剣)」と同威力です。
一部の中ボスやボスを素早く倒すのに、弓矢はとても有効です。

入手可能時期は「スコップ」購入後です。クレーンゲームで50ルピーを取り続ければ、時間はかかるものの容易に必要額をまかなえます。
今回の省エネ攻略では、Lv1 ダンジョンクリア後に弓矢を手に入れ、Lv2 ダンジョンから使用しています。

赤い服

「服のダンジョン」は Lv2 ダンジョンクリア後に行っています。
もちろん剣の攻撃力が上がる「赤い服」を入手しました。

ブーメラン

GB/GBC版に比べると武器としての威力は弱体化していますが、一部の敵に対しては有効な攻撃手段で、クリアタイムを縮めるのに欠かせない存在です。
今回の省エネ攻略では、Lv5 ダンジョンクリア後にブーメランを手に入れ、Lv6 ダンジョンから使用しています。

コホリントの剣(剣 Lv2)

ヒミツの貝がらを40個以上集めると手に入る最強の剣「コホリントの剣」は未入手で攻略しています。
最速で Lv6 ダンジョンから使用可能で、もし使っていたら多少タイムは縮められていたかもしれません。

各ダンジョン 解説

テールのほらあな

ロック鳥の羽根入手後、オートセーブデータをロード技で入口に戻った方がよかったかもしれません。

  • [03:39] 中ボス「ローラ」
  • [04:17] ボス「デグテール」

ツボのどうくつ

5つある小さなカギのうち、3つ手に入れればクリア可能です。どの鍵を取るのが一番効率よいかが早解きの肝です。

  • [00:30] 弓矢でスタルフォスを倒して「小さなカギ」を入手しても良かったかも。
  • [00:36] スパークの動きを封じるために4秒ほどクリスタルスイッチの前で待機してます。待たずにスイッチを叩くと、「小さなカギ」が入った宝箱付近でガイコツ剣士とスパークの板挟みになりがちです。
  • [01:57] 中ボス「ヒノックス」は剣でやりあうと  手こずりかねないので、弓矢で瞬殺してます。
  • [04:48] ボス「ツボ魔王」、第二段階で弓矢を使って2ターンキルできました。剣だったらもっと時間がかかっていたはずです。

服のダンジョン

3回ある中ボス・ボス戦をいかに素早く終わらせられるかが鍵です。

  • [01:12] 中ボス「ボスブロブ」
  • [02:50] 中ボス「デクドン」、剣よりも弓矢の方が簡単に倒せます。
  • [04:37] ボス「ド・ポーン」、部屋に入って一歩も動かずに弓矢の連射で倒しました。ダメージ後の無敵時間中も無駄に矢を撃ち続けたため、必要以上に矢を消費してしまいました。

カギの穴ぐら

入る必要のない部屋が比較的多いため、進むべきルートの見極めが大事です。

  • [01:13] B1 の十字路では東に進むことで、「小さなカギ」の入手を最小限に抑えることができます。
  • [02:16] 中ボス「ドドンゴ」
  • [05:40] 05:08 ボス「デグゾル」 第一段階ではボスを分断するのに1回失敗して少しタイムロス。分断後の第二段階では、分裂体たちがジャンプする前に倒せました。

アングラーの滝ツボ

ほぼすべての部屋に入らないといけないダンジョンです。

  • [03:56] 中ボス「ヒップループホバー」、右上で回転斬りでダメージを与えることに2回失敗してタイムロス。
  • [05:02] タイルが光る順番を覚えて、別の部屋でそれを再現する謎解き。GB/GBC版では順番が固定でしたが、Switch版ではデータごとにランダムな模様。この動画を撮る前の練習段階で順番は確認済みのため、動画内では素通りしています。
  • [07:37] ボス「アングラー」

ナマズの大口

このダンジョンでは、マスタースタルフォンと計4回も戦わなくてはいけません。爆発までのタイムラグがないバクダン矢を使って、戦闘時間を短縮しています。
またもう1体の中ボスであるゴーマ―とは戦わずに済ましています。入口と中ボス部屋をつなぐワープポイントが使えなくなりますが、中ボス戦に費やす時間と鍵入手の手間がなくなり結果的に時間短縮になります。

  • [01:49] 中ボス「マスタースタルフォン」第1回戦
  • [02:45] 中ボス「マスタースタルフォン」第2回戦
  • [03:42] 中ボス「マスタースタルフォン」第3回戦
  • [04:55] 中ボス「マスタースタルフォン」最終戦
  • [09:05] ボス「フッカー」は運に左右されがちなボス戦。今回は運良く、自分が待っていた方にボスが顔を出してくれたお陰で1ターンキルできました。コツとしてはボスをなるべく長く引っ張り出すこと。そうすることでボスが引っ込む前に剣8回斬ることができます。

顔の神殿

9つのダンジョン中、入らなくてはいけない部屋が最も多く、また一番時間がかかったダンジョンです。
ウィズローブを倒さなくてはいけない部屋がいくつかありますが、ブーメランが一番時間をかけずに倒せます。

  • [03:42] 【F6】の部屋では、先に中ボスを倒すルートを選んでいます。これはワープポイントを出現させてから小さなカギを取りに行った方が、鍵入手後に歩かなくてはいけない距離が短くなるためです。
  • [03:59] 中ボス「ジャッキー」
  • [07:10] 中ボス「ドドンゴ」
  • [09:25] ボス「マットフェイス」戦ではタイルが飛んでいる間も攻撃することで、戦闘を早く終わらせることができます。

オオワシの塔

塔の4階部分を支える4本の柱を破壊するという大掛かりな仕掛けがあるダンジョンです。
鉄球の運搬、クリスタルスイッチと連動する床の突起物の状態、上下の階層の繋がりなど、把握しなければいけないことが多くて難易度が高くなっています。

  • [04:08] 【C4】の部屋に来たら、4本目の柱を破壊する前に、中ボスを倒しに行いっています。先にワープポイントを出現させた方が、後々歩かなくてはいけない距離が短くなるからです。
  • [04:22] 中ボス「ピッコロ使い」
  • [05:39] 中ボス「ヒノックス」は倒す必要がないのでスルーしています。
  • [07:20] ボス「アルバトス」戦は運が絡むボス戦です。運よく羽根飛ばし攻撃が来なかったため、「中空飛行・クロー攻撃・中空飛行」の3ターンで戦闘が終わりました。

カメイワ

ゲーム中、最大規模を誇るダンジョン(46部屋)ですが、バクダン矢を使うことで大幅なショートカットができ、半分以下の22部屋に入るだけでクリアできます。
6体中4体との中ボス戦を回避し、入手すべき鍵の数も抑えることで、クリアタイムを大幅に短縮できます。

  • [01:46] 1つ目の「小さなカギ」入手後、「マンボウのマンボ」を使って入口に戻っています。なぜかオートセーブデータロード技を使うとクリスタルスイッチがリセットされてしまい、マジックロッド手前の床の突起物が上がったままになります。
  • [02:35] バクダン矢を使って溶岩の向こう側の壁を爆破することで、大幅なショートカット可能になります。
  • [03:51] 中ボス「マイトパンチ」
  • [06:07] 中ボス「ヒップループホバー」、弓矢を上手く当てられれば、戦闘を速く終わらせられたかも。
  • [08:15] ボス「デグフレム」、マジックロッドの連射性能が落ちたので、攻撃が当てずらかったです。かなりグダグダで、ここは改善の余地ありです。