Terapad で文字コードの確認

「Terapad」で開いているファイルの文字コードの確認の仕方と、文字コードの変更の仕方を説明します。

文字コードの確認の仕方


「Terapad」でファイルを開いたら、ステータスバーの左端の方に文字コードが表示されています(下図参照、赤い矢印で指し示した場所)。

BlognPlus の全 PHP スクリプトは「UTF-8N」で書かれているので、「UTF-8N」と表示されているはずです。


文字コードの変更の仕方


「Terapad」でファイルを開き、メニューバーの「ファイル(F)」→「文字/改行コード指定保存(K)...」をクリック(上手参照)する事で、任意の文字コードで保存しなおす事が出来ます。

Windows の「メモ帳」で文字コードが「UTF-8N」のファイルを開きそれを保存した場合、文字コードが「UTF-8」に書き換えられてしまいます。その場合は、上記の手順に従って「UTF-8N」で保存しなおしましょう。

※ 「UTF-8」と「UTF-8N」、名前は似ていますが別物です。
PHP スクリプトを「UTF-8」で保存してしまうと、不具合の原因になります。

| メモ::その他 | 2006-04-22 | comments (0) | trackback (0) |


評価

この記事の平均評価: (4人)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)


コメント



トラックバック

| PAGE TOP |

サイト内検索

スポンサード リンク

カテゴリー

人気記事

  1. 500 エラーが発生する
  2. Terapad で文字コードの確認
  3. PHP情報について知る: phpinfo()
  4. 掲示板を設置してみました
  5. BlognPlus v2.6.6 公開
  6. RSS でパースエラーが発生する
  7. BlognPlus v2.5.0 の新要素レビュー
  8. 記事が投稿できない(ファイルに書き込むことが出来ません)
  9. RSS配信機能
  10. データの移行方法
  11. コメントが投稿出来ない
  12. 利用規約
  13. BlognPlus が v2.5.4 にバージョンアップ
  14. 必要な物
  15. Blogn → BlognPlus に移行すると文字化けする
  16. コメントの表示を降順にしたい
  17. BlognPlus 用スキン一覧が完成
  18. 「BlognPlus を使おう!」リニューアル
  19. RSS/Atom 生成モジュール
  20. 移動コンテナボックスモジュール

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)