BlognPlus v2.6.1 スキンで気をつけるべき点

5月8日に BlognPlus が v2.6.1 にバージョンアップする予定です。
v2.5.6 からバージョンアップする際に、スキンの記述で気をつけるべき点をまとめてみました。

バージョンアップする前にぜひ以下の点について確認しておき、もし必要な場合はスキンを修正しておきましょう。

トークン処理

BlognPlus のコメント投稿フォーム内に認証トークン用のタグが必須になりました。
(PC 用スキン、携帯用スキンどちらも必要)

必要な記述は以下の通り。

<input type="hidden" value="{TOKEN}" name="blogn_token">

この記述がない場合、エラーメッセージが表示されコメントが投稿できません。
v2.5.6 でもこのタグは有効なので、忘れないうちに追加しておくと良いでしょう。

コメント・トラックバック新着マーク

サイドバー等に表示する「最新コメント」と「最新トラックバック」に新着マークを表示する機能が追加され、それに必要なタグが追加されました。

BlognPlus v2.6.0 からは「新着コメント情報」と「新着トラックバック情報」というモジュールになっており、各管理画面にタグの記述方法が書かれています。

最新コメント用新着マーク記述例

{RCMARK} <b>NEW</b>{/RCMARK}

最新トラックバック用新着マーク記述例

{RTMARK} <b>NEW</b>{/RTMARK}

このような記述を特定の場所に追加する事で、指定期間中は新着マークタグ間に書かれた文字列が表示されます。

NEXTPAGE/BACKPAGE 拡張

BlognPlus v2.6.1 から、前後のページへのリンクを表示する {NEXTPAGE}~{/NEXTPAGE}} と {BACKPAGE}~{/BACKPAGE} が拡張されています。

このタグが拡張された事により、以下のような記述が可能です。

{NEXTPAGE accesskey="4"}[4]次へ{/NEXTPAGE}  {BACKPAGE accesskey="6"}[6]前へ{/BACKPAGE}

上記の例では次のようなリンクが出力されます。

<a href="index.php?e=***" accesskey="4">[4]次へ</a> <a href="index.php?e=***" accesskey="6">[6]前へ</a>

※ アクセスキー(accesskey)を指定すると、携帯端末でのナビゲーションが楽に行えます。
先ほどの例でいえば、ダイヤルボタンの「4」で次のページ、「6」で前のページに移動できるようになります。

外部スクリプト読み込み

BlognPlus v2.6.0 から {INCLUDE}~{/INCLUDE} タグが廃止され、スキン内で外部スクリプトを読み込む事ができなくなりました。

このタグを使っている場合は、<iframe> タグを使うなど、何らかの代替手段が必要になります。

| BlognPlus について::バージョン情報 | 2009-05-06 | comments (0) | trackback (0) |


評価

この記事の平均評価: 未評価 (0人)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)


コメント



トラックバック

| PAGE TOP |

サイト内検索

スポンサード リンク

カテゴリー

人気記事

  1. PHP情報について知る: phpinfo()
  2. Terapad で文字コードの確認
  3. 正式版とプレリリース版の違い
  4. {TRACKBACKHMS} が使えない
  5. アーカイブ一覧化モジュール
  6. Terapad のおすすめ設定
  7. BBS(掲示板)モジュール
  8. RSS でパースエラーが発生する
  9. 携帯からの画像表示テスト
  10. BlognPlus 用「mobilelist.cgi」(2009年2月版)
  11. カテゴリー別最新記事表示モジュール
  12. トラックバックが送信できない
  13. アクセスカウンタ&解析モジュール
  14. Captcha (キャプチャ)
  15. BlognPlus v2.5.0 リリース
  16. アップデートの手順
  17. モジュールの更新情報(2009年3月)
  18. タグをそのまま表示させたい
  19. カルカン(カウンター)
  20. 2006年11月20日~26日の更新情報

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)